8ci83c838983x83g82q.jpg

takikura pride_01.jpgunnamed.jpg

瀧倉修(Shu Takikura) 実績についてはこちら▶︎
1980年、徳島県生まれ。東京都在住。幼少時の家族でのフランス滞在経験から、ヨーロッパ本場のショコラに関心を高める。パリ市内で約60店舗を見学後、専門学校Ecole Chocolat卒業。和三盆糖を使用した日本製ショコラにこだわり、オーダメイド受注生産での販売開始。ホテル・レストランや催事イベント、パーティ等での限定ショコラの製作販売。ヨーロッパで長い歴史をかけて発展したショコラですが、日本でもチョコレートとして皆に愛されています。シンプルでありながら多様性を持っているチョコレートは、人を幸せにする特別な力を持っているという思うのです。だからこそ、常にオリジナリティ溢れるチョコレート創りを目指しています。

チョコレートファクトリー「オッツ」のオーナー、瀧倉修氏にインタビューを行いました。子供のときから3度の飯よりチョコが大好きで、「チョコレートには魔力がある」と信じていた瀧倉氏。毎日のように高級板チョコをパンにはさんで食べており、チョコを食べ過ぎて調子を崩してしまったこともあったほど。そんな大好きなチョコに情熱を注ぐ瀧倉氏へのインタビューの一部始終を公開します!


IMG_4394.jpg
2年くらい前でしょうか。当時喫茶店で働いていて、バレンタインのお返しに同僚みんなに手作りのチョコを渡したんです。すごく喜んでもらえて……そのとき「こんなに喜んでもらえるんだ」「お客さんに喜んでもらえるようなお店を出したい」って思うようになったんです。

で、カフェを経営する先輩に相談したら、「チョコレートでは誰にも負けないようになりなさい」って言われて……それをきっかけにチョコの世界にのめりこんで勉強するようになりました。日本にはチョコレートの勉強ができる専門の学校ってないんですよね。海外にはたくさんあるのに。だから自分でいろんな本を買って調べて、セミナーとかにも足を運んで……そうしているうちに本場の味を知りたくなって。

フランスに2週間チョコレートのショップ巡りに行きました。本場の味を知りたかったのと、自分の学んだ知識を試したくて。行く前にショップマップを自分で作って(笑)、2週間で60店舗まわりました。


IMG_4125.jpg
そうなんです。一日20個以上は食べていましたね。まさに夢の中に居るような幸せな時間でした(笑)、毎日食べてもちっとも嫌にならない。ホントに私はチョコが好きなんだなって思いました。いつもついつい食べ過ぎちゃうんです。

それで、そのフランスのショップ巡りのときに、ミッシェル・ショーダン氏のお店に行ってチョコを食べて……自分の求めていたものはこれだ!!って確信しました。あまりの美味しさに感動するとともに、お店で現役で働く氏の情熱的な姿に尊敬の念を抱きました。多くのインスピレーションをもらい、特別なプレゼントをもらったかのような、最高に幸せな気持ちになれましたね。

それで日本に帰ってすぐに、ミッシェル・ショーダン氏の愛弟子であるショコラティエの店で製造補助をして、実務を学んでいきました。ちょうど海外の通信制の専門学校に通い始めたときだったので、製造補助と学校とで大変でしたが、学ぶのに必死でしたね。


はい。1年くらい前にちょうど自宅をリフォームすることになったんで、その際に自宅にチョコの工房を作りました。それが、本格的にライフワークとしてやっていこうと決めたときですね。はじめは、知り合いに味を見てもらいながら創作を重ねて、事業届を出してからはカフェに商品として置いてもらったり、イベントでの委託販売や直接販売をしたりして。そうこうしているうちに、自分のオリジナルのチョコを作りたい!という気持ちがすごく強くなっていきました。


IMG_4391.jpg
そうですね。はじめは和三盆のチョコを作りたかったんです。私は徳島県出身で和三盆が好きだったこともあり、チョコに興味を持ったころからずっと和三盆のチョコを作ってみたかったんです。

自分の工房を持つようになってから和三盆を使って作るようになったんですが、思い入れが強くてかなりこだわって作っていましたね。そしてこだわって作っていくうちに、自己満足ではなくサービスとして相手に喜んでいただくにはどうしたらいいのか、と考えるようになったんです。そして、一緒にチョコ作りを楽しみたい、創作チョコで喜んでもらいたいと思って、オーダーメイドチョコを始めました。

人と直にコミュニケーションをとって一緒に作っていくという楽しさ、そして一所懸命作ったものを召し上がってもらって「美味しい」って言ってもらう感動は何物にも代え難いですね。


うーん。難しい質問……、「人を幸せにするチカラをもつもの」ですかね。チョコを作ることで、だれかが笑顔になってくれたら、美味しいって言ってくれたら、もうそれだけでうれしいですね! 

今はメキシコからカカオを直輸入するルートを考えているんですが、もしそれが実現したら「生産者の顔が見えるチョコ作り」をやっていきたいです。作り手の想いやこだわりまで届けられるように、より安心して召し上がっていただけるように、ぜひ実現させたいですね。

メディア

nikkei20120613top.jpg
6月13日2012年 日経流通新聞掲載されました。

オッツ002.jpg

J-wave20120905.jpg
9月5日2012年 J-WAVEに出演しました。

オッツ001.jpg
7月23日2012年 徳島新聞に掲載いされました。

経歴

Screen Shot 2015-11-03 at 14.57.33.png

contents_border_ft.png